FC2ブログ

☆  お知らせ

★ 記事に関係のない
または 宣伝のみの
コメント&トラックバック
即削除 & IP禁止にします!
____________________

♥ 古い記事でも気兼ねなくコメントくださいませ!
 
____________________
いろいろなものを紹介

☆  new story

☆  ブロとも申請

まは へとブロとも申請

☆  カテゴリー

☆  プロフィール

万葉(まは)

Author:万葉(まは)

万葉の贈り物


☆  QRコード

QRコード

☆  リンク用バナー


ブログ用

サイト用
* 直リンクお断り!

☆  月別アーカイブ

~まはろぐ~

クソ真面目が故に  天然(-。-;   されど天邪鬼!


S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ 2018-11 ]


更新情報 Good thing discovery
最新記事8つ
更新情報




☆ スポンサーサイト ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Good thing discovery          



☆ 冷えからくるもの:対策2:足水 ☆

冷えから来る症状の 私なりの対策方法第2段は 足水!

特にホンのちょっとの 時間・判断ミスなどで緊張性頭痛が起きるので
出来ることをしています。

・出来たらお金はかけたくない
・日頃出来るもので対策したい
・気軽に出来るものがいい
・思いついたら出来るもの、しっかり出来るもののどちらもしたい

これだと 洩れがないかな!? と思っていますがどうでしょうね ^^;

毎日出来るものとして、本日は 足水。

入浴時に 膝上(ひざうえ)あたりから足先まで
キンキンに水で冷やします。

重要なのは、
・キンキンに冷やすこと (ジーンとするほど冷やし、中途半端に冷やさない)
・何度もしないこと (1回だけ充分に冷やす。何度もすると逆に足がだるくなります)
・冷やしたいからといって 氷 など使用しないこと
 (凍傷・シモヤケの原因になるので決してしない)

今の時期だと 蛇口からの水道水でも温いことがあります。
そういうときは ジッと漬けるのではなくて
少しでも足を動かすことで 水の流れを作り
その水の流れで 皮膚表面から足の体温を奪って冷えてきます。
どうしても温くて堪らないというときは、 すぐに溶けるほどの氷を使用してもいいですが、
出来れば、時間をかけてじっくり冷やしたほうが 芯まで冷えるので効果大です。

キンキンに冷やしたあとは 温める。

・高くとも40度のお湯を使用する
 (暑すぎると火傷するのでやめてください)

今度は 充分に温めます!
さっきの冷えた足はどこに行ったの? と思えるほど時間をかけて温めます。

冷やす → 温める を1セットだけしてください。
先に記したように 2回以上したり、いい加減にすると
足がだるくて眠れなかったり、逆効果になるので決してしないように。

これをすると 浴室から出てから
ドバーーーーッ! と全身から汗が流れてきます。
夏は、 もう一度、シャワーでも浴びたほうがいいかしら? と思えるほど。
冬なら 今、冬だよね?こんなに汗かいてるけど? 体動かしてないし?
そんなかんじで汗が出ると思います。

血行不良の箇所が分かる時があります。
血行不良を起こしている箇所が 内面から ポッカポカ してくるからです。
自分でも気付かずに 肩こりを発症していたことが分かる日もあるし、
腰が冷えていたんだ! と分かるときもある。
不思議と 血行不良を起こしている箇所が
たった 足水をしただけで発覚します。


今の時期から始めると、
水の冷たさがあまり苦ではありません。
真冬から始めると 冷たすぎて長続きしないですから
丁度良い時期だと思います。

どうしても 膝上から下を冷やすのが出来ない という方は、
足首から少し上ぐらいから 足先を冷やしてください。

首 という名が付いている箇所にはいくつかの共通点があります。
・関節が一方方向にしか曲がらないというところではない
 (表現するなら360度回せる関節である)
・細い (体のどの部分と比較しても細い箇所である)
・細い部分なのに 重要なものが多く密集している
 (どうしてマフラーがあるのか? → 首が一定以上冷えると生命の危機になります)

静脈・動脈。神経・・・大切なものが密集している箇所ですが、
細いために弱い部分でもあります。
それを逆手にとって、
体の芯から温め、体温の必要以上の低下を防止できる箇所でもある ということを利用してください。

ただ、
血管が弱い方 ・ 心臓病を患っている ・ 高血圧 ・などの方は
決してしないようにしてください。
健康な方でも 体調をよく考慮して不調のときはしないように。



シャワーで水を流しながら足水をしてもいいし、
バケツなどに水を溜めてもいいし、
自分に合ったスタイルを見つけてください。

私の経験では、
引き始めの風邪・緊張性頭痛・肩こり・腰痛・便秘などが緩和しています。

体の芯を温める方法なので、
表面から温める方法よりも短時間で出来るかと思います。

汗をかいたあとの水分補充は必ずしてください。

スポンサーサイト



Good thing discovery          



☆コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  •  
  •  
  • 2009.06.02 
trip

編集 ]

☆コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

☆トラックバック

この記事のURL:http://mahalog.blog20.fc2.com/tb.php/1370-b21cdf1a

☆  参加中!



↑↑貴方のクリックで各企業が募金!

懸賞・小遣い ちょびリッチ
↑↑毎日5人に1,000円以上が当たる!



☆  Thanks コメント

☆  最近のトラックバック

☆  ブログ検索

☆  Many thanks.


★
HeroRisa
ぱたぱたアニメ館 GIFアニメ

☆りんく

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。